いつでも空気が読める?

雑学・豆知識

いつもスタッフブログを見て頂きありがとうございます。

今回はタイヤのお話です。

大切です。タイヤは命を預かっていますから。

そう、タイヤの空気圧のお話です。日常的に長距離を移動し、速度無制限のアウトバーンもある。

そんなドイツではタイヤへの気配りが命を守るために当たり前のこと。

だから、フォルクスワーゲンはタイヤの空気圧を常にチェックしています。

では、どうやって?

実はABS(アンチロック・ブレーキ・システム)のセンサーが回転からタイヤの異常を検知。

空気圧が低下したと判断した場合にメーターパネルに警告が表示されます。

もし警告が出ていたら、速やかに点検してください!!

なお。タイヤ空気圧を変えた時、タイヤ交換やローテーションを行った場合には、

空気圧警告灯のリセットを忘れずに行ってください。

リセット方法はインフォティメントシステム・グローブBOX内のスイッチ等、車種によって違いがありますので、

ご不明の場合は、お気兼ねなくご連絡下さい。

また、ヘッドライト・ウィンカー・ブレーキランプが切れた場合も警告が点灯したり、

メーターパネルにメッセージが表示されるので点検交換をお願いします。

そのほか、ご不明な点があればご連絡ください。

 

フォルクスワーゲンセンター岡山

スタッフ一同

 

 

現在のページ Home >